FC2ブログ

お蔭様で1000記事達成!!

「○○個目のコメント」と違って記事は絶対踏むのが自分なので気が楽ですね♪

この記事を持ちまして、お蔭様で1000個目であります(公開範囲限定が7記事あります)。かれこれ5年半、いつも訪問して頂いております皆様方のお蔭であります。

今後ともTK model factoryをどうぞ宜しくお願いします。

スポンサーサイト



三段空母-5 三歩進んで二歩下がる♪


直接のきっかけは、手前側側面のレーダーの先をいつの間にか紛失してしまっていることなのですが、前々から塗装のツヤ具合も気になっていて…などなど色々あったもので、思い切って完成済みの第一空母も再加工を開始してしまいました…

七色星団への旅は少々遠のきました…

三段空母-4 形は見えてきました


まだチマチマやっております。

うんうん、この形です。この左右非対称っぷり、特に手前のアングルで向こう側の三段目の甲板の奥の壁がないのがいいんです♪

あとは艤装類を取り付け…なのですが、小さいので整形が面倒…&予め裏側には色を塗っておかなくては!!

TOYOTA PRIUS -7 むぅ~


昨日製作中の積もりの実車をチェック。

…すると

あれぇ~!!内装色はミディアムグレイパッケージだった!!(別のもう一台の)ブラックパッケージと勘違いしてたぁ~!!


窓ガラスパーツの内側からブラックを塗った後ミディアムグレイの内装色の重ね塗りが必要だった!!


…まぁもっともパッケージの完成見本の写真も説明書もその部分は内装色に塗ってないんですけど…
よくよく見るとミディアムグレイパッケージの場合、本物は説明書の塗り分け指示より結構複雑…

う~ん、気になるが、マスキングシートを外して捨ててしまったぜぃ!!
どうしたものか…

※写真はまだ未作成の内装のバス部分を組んでません

コメント力


齋藤孝 筑摩書房

105円文庫第二弾。タイトルに惹かれて購入し、出だしはいい感じだったのですが、結論から云えば少々期待外れでした。

第一章は「仰る通り」で、コメント力は非常に重要でそれを磨くには普段からの意識が大切。…が、そこから続く例題などは映画やら漫画やら、芸能人やらのものが大半で、全部が全部ではないのですが「普通の人」が「普通に」使うには参考にならないものが多かったのが残念。別に「歯が浮くキャッチコピー」を云いたいわけではないんですよね。その一方でバカボンのパパの「○○なのだ!!」を良い例に挙げられても…ねぇ。

どストレートにノウハウ集を期待していた訳でもなく、もっと普段からの心構えとかも踏まえてもっと普通にあるシチュエーションでの応用を示して欲しかったです。

★☆☆☆:斜め読みで十分?

三段空母-3 チマチマやってます


塗っては組み、塗っては組みなので面倒ですが…

スカイツリー


先日の上京時に、寄ってまいりました。登ってはいませんが…。

本来前日(快晴)に行く計画だったのですが、諸事情により一日ずれたため生憎の曇り空。おまけに時間の都合上お約束の100系スペーシアとの並びで撮れず~。次回再挑戦♪

バカの壁


養老孟司 新潮文庫

今まで「model factory」なので、模型工作とは関係ない記事はアップしていなかったのですが、特例で「書庫」という書庫を追加しました。別ハンドルでブログ新設も考えたのですが、そこまでするほどの内容でもないですし…

私、読書は嫌いではなく社会人になってからも周りとの比較では本を読んでいたほうなのですが、色々な言い訳はあるものの最近読書量が激減しております。曲りなりにも…ということで定期購読している経済誌は通勤時などを利用して読むように心掛けているのですが、所謂「本」は年に片手行けば…という感じの昨今。人の読んだ本の紹介をして何が嬉しいんだ、という至極当然の話もあるのですが、自分への追い込みのためにも取り合えずアップしてみることにしました。

取り敢えずの目標はジャンル問わず、所謂「本」を月一冊?余りにも低いので二冊??

***
さて、栄誉ある最初に取り上げたのは10年ほど前のベストセラー。理由は単に古本屋の105円コーナーで目に付いた、というだけで…。しかも以前に斜め読みをしたことがあったりして…。

刺激的なタイトルが有名ですが、「バカの壁」の「バカ」は所謂「バカ」ではなく、個人の理解力と云うほうが本当は筆者の意図するところに近いのでしょうか?ただ、私自身も激しく同意する帯にも書かれていること自体は、「まえがき」で全てが説明できてしまっている気がしました。

それ以降はその補足というか裏付けというか…が色々な角度から書かれているのですが、総論はほぼ大賛成ではあるものの、そこからすれば途中の内容(ネタ単体としては面白いですが)が余りにもあっちにいったりこっちに行ったりし過ぎて、大枠の構成がどうもすっきりしない気がしました。さらにその個々の細かい議論展開の中でもかなり論理の飛躍が散見される気がしました。書き下ろしでなく独白を編集者が纏めたためなのか知れませんが…

「話せば分かる」はムラ社会の延長で生きている日本人の幻想に過ぎないのはその通りだと思いますが、じゃぁどうすれば良いのか。イデオロギーが異なる人との本質的な相互理解は先ず無理でしょう?比較的価値観が近い人の集まっている職場は勿論、家族ですら完全に同じ価値観ではありえません。本書の中でも語られているように、幸せとは?生きる意味とは?を初めとして、個人個人が自分自身の頭でよくよく考えて行くことが大切なのでしょう。

★★☆☆:読んで損はない

静岡鉄道1000形-8 再びついつい購入


三年ほど前に2編成同時に完成させた静岡鉄道1000形ですが、先日販売スポット超限定で一部金型改修で集中クーラータイプのものが発売されましたので、本日わざわざ足を伸ばして静岡まで買いに行ってまいりました(電車賃考えれば割高オークションでも然程変わらず??)。

屋根とスカートの新規パーツ追加だけかと思いきや、よくよく見ると(私もさっき調べて知りました)昨年実車で撤去されたらしいバックミラーの部分の金型改修までちゃんとされています。以前作成の1000形(トラックバック)はバックミラーまでわざわざ作り直しましたので、時代設定をどうするべきか逆に悩ましいです。

ついでによく知られています通り側面パーツはほぼ同形の東急のものの流用であるため、実際にはない扉下のステップが付いてしまっているのですが、「CENOVA」の文字がこの部分にもかかるように印刷されてしまっているため、そこを削り取るのもどうしたものか…

↓宜しければクリック下さい。サーチエンジンのランキングです。
http://ok.vis.ne.jp/cgi/search/rank.cgi?mode=r_link&id=2197 RailSearch
https://railroad.blogmura.com/ にほんブログ村 鉄道ブログ

TOYOTA PRIUS -6 う~ん、何か違う…


どれくらい以来だろうか…という10日連続更新♪


窓周りをマスキングしてつや消し黒を吹きつけ。ライトパーツを付けたら外観はほぼ完成で、


おぉ♪ソレっぽくなってきた!!


…と感動しようと思ったのですが…


何か印象が違う…


実物写真とよ~く見比べると
・ライトケースの中に車体色の部分がある
・実物はライトケース周りはブジルゴムの黒い縁取りがある
ここら辺が問題のようです。

もっと云えば
・銀メッキがキラキラし過ぎ
・レンズ表現がない
などありますが、これらは面倒そうだし…

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
北のレールは、元気です。
京阪神急行B支線-バックナンバー
たとえ明日、世界が滅亡しようとも、今日も私は山スカを作る。
青の車体に魅せられて
まったり鉄分補給ブログ
Mighty Oの模型部屋
まなぶんの模型ブログ
模型の花道のブログ
のんびりいきましょう☆彡SAIUN
三軒茶屋のブログ
TOM2001のブログ
未完成症候群
鉄道模型に重量感を求めて
モケイを作ろう
リンク
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ