FC2ブログ

1/350ヤマト-44 再挑戦


ということで修正してみました。今回は撮影のほうも久し振りにマニュアルモード(フォーカスも)を使って、(前回よりは)照明にも気を使ってみました。ただ、カメラの液晶画面では気付きませんでしたが、もう少しピンとは後ろ側でも良かったかも知れませんね~。

取り敢えず、当初の目的の「お約束アングル」で眺めたときに「手前側のライフルリングが見えない程度に面取り」は果たせましたでしょうか??

スポンサーサイト



1/350ヤマト-43 朝令暮改


昨日、今更の改修はリスクが高すぎるので諦める…とか書きましたが、一日会社でもそれが気になって仕方がありません…。製作当時はあまり気にしてませんでしたが、よくよく考えたら生まれてこの方何百回描いたあのアングルの絵、確かに手前側のライフルリングは描かなかった(つまり砲口部分で面取りがされている)よなぁ~とか、頭の中がそれで一杯です。

ということで、やっぱり気になって気になって仕方がないので改修開始です。砲口拡大は流石に無理ですが、ライフルリング端面形状だけでも…。失敗したら...yamayo_at_2199様に責任を取って頂きますか…♪

1/350ヤマト-42 パースアングル撮影


blogでお世話になっているyamato_at_2199様という方がいらっしゃり、色々なヤマト考の傍ら1/350ヤマトを猛烈な愛情を持って撮影し続けられているのですが、パース付きの撮影にも拘られていらっしゃます。ということでマネっこをさせて頂いてみました。

腕がイマイチなのとそもそもカメラの性能をフルに使うノウハウを持っていないのと、強いて言えば船体色がピント合わせにくいのと、照明が結構いい加減なのとでyamato_at_2199様の足元にも及びませんね~。またyamato_at_2199様は艦首波動口形状を改修されていて非常にかっこいいのですが、完全接着&塗装後の今更これをマネっこ改修してミスると、地球帰還目前でデスラー砲に撃沈されるくらい立ち直れませんので諦めますか~。

強いて言い訳をすれば、yamato_at_2199様ヤマトは基本的にパート1形状を目指して、私のは「さらば~」以降の形状を目指してましたんで…。また、私は波動砲発射ギミックを殺したくなかったので砲口内が無塗装で、砲口内の方が船体より色が薄いという不自然さは避けられません。でも波動砲口は一回り大きく、ライフルリングのエッジももう少し穏やかなほうがいいかな~。

まぁこの写真のその心は、yamato_at_2199様のblogにも書かれていましたが、顔やカメラを艦首に近づければちゃんとあの有名なアングルは再現できるのだから、立体化してくれるメーカーさんは中途半端に艦首が大きめな弱イメージモデル的なのを出さないで欲しいな…と。...新1/500をどうするかが悩ましい…

取り敢えずメインページの画像は差し替えましょう♪

コスモタイガーⅡ -5 三者三様


問題のつや消しクリアーは前回のような事態にはならなかったものの、想定した完璧さでもありません…。一応デカールを貼ってから一日以上経ってから吹き付けし、それほど厚塗りもしていないので、(腕の未熟を棚に上げて)ひょっとしてデカールの素材と塗料との相性がイマイチなの??とも。。。

まぁそんなこんなで着々と完成には向かっているのですが、その前に最後の面倒な作業が二つほど。一つは先日の照準器回りの自作と、パイロットの塗装。単座と三座なので都合四人塗らなくてはなりません。ということでついでなのでまだ作成していないブラックタイガーに付属のも一緒に塗ることにしました。…そもそもキットにはパイロットが三体しか付いていないので二体付いているブラックタイガーからどの道拝借が必要で…

…といいつつ、写真はこれまたさらについでに塗装した、立ち姿のパイロット。左からブラックタイガーに付属の加藤、コスモゼロに付属の古代(以前塗装)、コスモタイガーⅡに付属の山本です。並べてみると加藤のガタイがやたらと立派。斉藤といい勝負しそうです。山本は自分の中ではむしろ加藤よりも長身の細身の設定だったのですが、170にちょっと届かないかなり小柄な設定になっていました。流石にここまでアップすると塗装のアラが…

コスモタイガーⅡ -4 デカール貼り…


先のコクピット前半部分と同じく、コンパーチブルにするとデカールも一部不足してしまいます。仕方がないので一部の貼り付けは省略して、久し振りにMDプリンターを稼動させて機番は補充(ビミョーに書体が違いますが…)。山本機にしたかったので番号は011でなく12にしてみました。後から考えたら0はカットする必要なかったですね…

また、付属デカールでは垂直尾翼に大きく「YAMATO」と貼る設定だったのですが、これがイマイチかっこよくなかったのと、そもそも「さらば」の劇中では元々月面司令部航空隊所属機が合流したものだったのでMDプリンター稼動ついでに「MOON HEADQUARTERS」表記を作成してみました。

前回のコスモゼロはここからつや消しクリアーコートでこけてしまったので取り敢えずの記念撮影…

コスモタイガーⅡ -3 形が見えてきました


オレンジとつや消し黒を塗って…ただ今機体部分(機首部分マダ)のなんちゃってスミ入れをどうにか終えた段階です…。実質素組みなのでサクサク進みます。

取り敢えず組んでみると…お、雰囲気が出てきました♪

コスモタイガーⅡ -2 …そ、そんな殺生な…


え~、既に世間では知られていた事実なのかも知れませんが…

このキット組み方により機種部分が二通り付属していて単座型と複座型に作り分けられます。『宇宙戦艦ヤマト宇宙艦艇模型全書』でも紹介されている通り、誰もが「お、これってほんの少しの改造で差し替え式のコンパーチブルモデル化できるやん!!」という野望を思い立ちます。

そして私もその方向で組んでいて、途中で…

「あ、まさか機種側の着陸脚カバーが両タイプで共用!?」とか思いましたが、素晴らしいことに作り分けられていて、「流石バンダイさん!!」と思っていたら…

写真を見て何か気付かれますか??




…えぇ…

何とキャノピーの前半分のパーツだけ共用部品なんです!!正確には照準器部分(コスモゼロ製作時に管理人が紛失したやつ)も共用なのですが、こちらは自作がそれほど難しくありません。

明らかに設計者もコンパーチブルに出来ることを分かっていたとは思うのですが…。それくらいオマケしてくれても…。流石にたったコレだけのためにランナーごと部品請求するのもなんですし、この部分は接着しないことにして対応しますが、バンダイさん、そこまで殺生な商売しなくても…というのが正直な感想です。



…ところで、写真は機体色の基本塗装が終わったところです。一応調色してみたのですが、実際に塗ってみると思いの外青みが弱く単なる灰色と区別が付きません…。

あと、後部噴射口のパーツは写真に撮り忘れただけですが、塗装後に不図気が付いてしまいました…。


あ、機種のレーダー塗るの忘れた!!


調色した色もう殆ど残ってないんですけど…(^o^;)

500系新幹線-12 やっと完成


ということで500系新幹線、完成です。

電連効果もあって走行のギクシャクやヘッドライトのちらつきもなく結構いい感じで走ります。

ただ今作成中のレイアウトを強引に走らせるとR140でも曲線通過中にカプラーの自然開放が行われてしまうことがありますね~。やっぱりBトレインとしての大曲率であるR280くらいも見た目にもサマになります。また若干他の形式より断面が小さいとはいえ、Bトレインの新幹線はNゲージと違い断面が実車の1/150で、製作中のレイアウトがリアリティを追及してホーム高さやらも攻めてるため、ホームの通過もギリギリです。

↓宜しければクリック下さい。サーチエンジンのランキングです。
http://ok.vis.ne.jp/cgi/search/rank.cgi?mode=r_link&id=2197 RailSearch
https://railroad.blogmura.com/ にほんブログ村 鉄道ブログ

コスモタイガーⅡ


Bトレインの500系も完成し(近日中に整理してアップ予定)、毎年突然発生する仕掛品削減削減強化月間(?)第二弾はこれまた長らく仕掛品のまま眠っていたEXモデルのコスモタイガーⅡです。今目ぼしい所を組み立て、隙間&段差チェックのために軽くサーフェイサーを吹いた段階です。

お値段張るだけあり、昔の600円モノとはいろんな意味で違います。

60000ヒット達成


本日お蔭様で60000ヒット達成致しました。これにひとえにいつも訪問頂いている皆様と勝手に訪問してくれる迷惑ロボットのお陰であります。

…そして、それを自分で踏みました…

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
北のレールは、元気です。
京阪神急行B支線-バックナンバー
たとえ明日、世界が滅亡しようとも、今日も私は山スカを作る。
青の車体に魅せられて
まったり鉄分補給ブログ
Mighty Oの模型部屋
まなぶんの模型ブログ
模型の花道のブログ
のんびりいきましょう☆彡SAIUN
三軒茶屋のブログ
TOM2001のブログ
未完成症候群
鉄道模型に重量感を求めて
モケイを作ろう
リンク
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ