FC2ブログ

電飾試作


屋根部分が未完成ですが電飾の試作をしてみました。ノリノリ様ご推薦の電球色LEDを使用。写真で撮ると明る過ぎるように見えますが、カメラの露光の問題で実際にはもっとそれっぽく見えます。電源はTOMIXのパワーコントロールボックスの旧製品を使用しています。壁の遮光も上手く機能しているようです。3mmLEDを二個使用しています。写真では前部だけですが後部にも二個付ける予定です。

https://railroad.blogmura.com/ にほんブログ村 鉄道ブログ

スポンサーサイト



??

何かBLOGの表示が若干バグっているような気配です。YAHOO BLOGのトップに表示方法が変わったと書いてあるそれなのでしょうかねぇ~。自分の名前に*とかが入ってしまっているんですが…。また設定しないと行けないことがあるのでしょうか??全く意味が分かっていませんが、最近多い迷惑コメントなど対策なら有難いのですが、全然関係ないんでしょうかね?

京阪2200系-14 またミスったか…


久し振りにちゃんとした模型ネタ。

京阪2400系の屋根の塗装を行いました。マスキングを外してから、パンタグラフ両脇のランボードを作るのを忘れていたことに気が付きました。でイメージを掴もうと、先に塗装しておいたパンタグラフを今一度載せてバランスをみると…、

おぉ~、幅が広過ぎる~!!

2400系一次型のパンタグラフはPS22型などと同じ横幅で一般的なPS16型などの菱形パンタグラフよりも幅の狭いタイプであったことが今更ながらに判明!!以前製作した1900系の時に無意識に使っていた鉄道コレクション用のPT4212Sが正しい幅だったようです。ところがこのPT4212S、鉄道コレクションに合わせて発売されたものなので、今となっては結構入手困難…。どうしたものか…。

https://railroad.blogmura.com/ にほんブログ村 鉄道ブログ

事件です!!

このblogのトップにあるスープラはメインページ(下参照)にあります通り管理人の愛車仕様なのですが、出先の駐車場に止めてて戻ってきたら、フロントエアロが大破してるんですけど!!不幸中の幸いで相手が待っててくれたので良かったのですが、そんなこんなで工作も出来ず…。くぅ~、社外品なんでかなり面倒なんですよね~。悔しいから別のブランドに変更しますか…。

http://www.geocities.jp/tkinfo_homepage/model/cars.html

D51シミュレーター


さて、世間では静岡ホビーショーが行われている頃あさぎりに乗って向った先は…。

で、乗って(?)来ました!!D51シミュレーター!!運転室ごと実車を切り取っただけあって臨場感満点。もっとも自動車と違って本物を運転したことがないので、応答がどの程度本物に近いのかはよく分かりませんでしたが、昔の運転士さんの苦労がしのばれます。一乗(?)の価値ありです。

※なお順番を待っているときの写真なので写っているのは管理人ではありません。

https://railroad.blogmura.com/ にほんブログ村 鉄道ブログ

超前面展望


実はもう登場から20年近く経つ車両ではありますが…。

昨日371系に乗りました。乗ったの自体は二回目なのですが、今回は偶然最前列(正確には一列目空き状態での二列目)。このジャンルの方にとっては至極当たり前のことなのかも知れませんが、この恐ろしいまでの前面展望に激しく感動!!思わず写真を撮ってしまいました。近郊電車やローカル列車もいいですが、
こういうのはやはり華の特急列車ですね。

心残りはその積りで乗っていなかったので谷峨駅で小田急側の20000系とすれ違うということを知らず、あ!!と思ったときにはシャッターチャンスを逃してしまったことでしょうか。ちなみに写真は松田駅での乗員交代時の運転席です。

https://railroad.blogmura.com/ にほんブログ村 鉄道ブログ

架線柱


京阪本線の香里園近辺のは昔ながらの鉄骨架線柱、寝屋川車庫内は何種類かの存在するものの大半は少し近代的なコンクリート柱(その横の高架線はパイプ型架線柱)なのでその違いを表現することに。

ファイントラックの複線間隔が気になって狭めましたが、そういう作業をしてしまうとそれに合わせて製作された架線柱と辻褄が合わなくなってしまいます…。

と、いうことで…

【手前】本線用鉄骨架線柱。厳密にはTOMIX製品のような二面のみのラーメン構造でなく四面ラーメン構造で、高さがもっとあるのだがそこは目をつぶって…。複線間隔が変わったので碍子位置を変更し、恐ろしくパーティングラインなどが目立つのでそれらの修正の上塗装+ウエザリング。追加加工することを考慮していないのか、材質が粘り気のある樹脂で、かなり修正作業が面倒な上パテや塗料の乗りも最悪。実物の基礎部分はコンクリートブロックになっており、そこまで再現するかは思案中…。

【奥】ヤード用コンクリート架線柱。三線用のものを幅を詰め、これも碍子位置を変更。これはまだ加工途中のため未塗装。

https://railroad.blogmura.com/ にほんブログ村 鉄道ブログ

疑問

通称寝屋川車庫と呼ばれているところには大きな車庫のような建屋が二つあります。本線から見て奥側にあるのが寝屋川車両工場で、こちらは各種文献やネットで公開されている方の一般公開時の写真などから内部の様子がそれなりに分かります。一方手前側には文字通りの車庫があり、ここでは簡単な検査なども行っているようなのですが、その内部の様子が全く分かりません。弊レイアウトで製作中の車両庫はどちらかというとこちらを想定しているのですが、その内部の様子が分かる写真などをお持ちの方、所在をご存知の方いらっしゃいませんでしょうか~?京阪のものでなくても、(工場でない)所謂電車庫の内部ってどんな感じなのでしょう??

よく分からないのでとりあえず点検台とか置いとけばそれっぽくなるかな~などと思ってはいるのですが…。

恒例の…


機関庫ですでに底なし沼にはまりつつあります…。

前回の『斜光』はお察しの通り、(いつになるのでしょう?)電飾したくなったときに壁が透けないようにするための対策であります。

さてさて、この複線機関庫、窓ガラスは一ブロック分(上の擦りガラスと下の二枚の窓)が一体になっており、内部から嵌め込む構造になっております。通常の建屋ならこれでもいいのですが、

○入り口から見たときに内側に明らかに透明パーツがあるのが分かる
○電飾した場合に、 内部の壁部分が光を反射してしまう
○外から見たときに嵌め込み式のために窓が一段奥まってしまっている

というのが気になってきてしまいました…。

と、いうことで加工したのが左側、製品のままのものが右側です。壁と窓が面イチになっているかと思います。さらに上の擦りガラス部分は単純に窓部分だけ切り出しても、嵌め込み式で凹状になっているため、淵の部分(凹の出っ張りの部分)が見えてしまっており、若干不自然です(左上の窓)。さらにこの淵の部分を気合で削ってみもしたのですが…、これは恐ろしく労力がかかるの割りに効果が低いということで試作したのみ。

工場再建


先日被災した工場ですが、一応意味がありまして…。

キーワードは『遮光』。

…ということで艶消し黒の上からまた明灰白色を吹き付け。さらに錆色を所々に入れた後明灰白色を重ね吹き。それからウォッシングをしてウエザリングマスターでドライブラシ。稼動中の車庫なので余り汚すと廃墟っぽくなっても困り(実物もそれほど傷んでいない)、かと云って製品状態や単色塗りのままでは模型栄えしない上に、どうしても如何にも「模型」、悪く言えば「おもちゃ」っぽくなってしまうのが難しいところでしょうか…。個人的には多少オーバーと思う位が模型としてはむしろ丁度良いと思うのですが…。

https://railroad.blogmura.com/ にほんブログ村 鉄道ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
北のレールは、元気です。
京阪神急行B支線-バックナンバー
たとえ明日、世界が滅亡しようとも、今日も私は山スカを作る。
青の車体に魅せられて
まったり鉄分補給ブログ
Mighty Oの模型部屋
まなぶんの模型ブログ
模型の花道のブログ
のんびりいきましょう☆彡SAIUN
三軒茶屋のブログ
TOM2001のブログ
未完成症候群
鉄道模型に重量感を求めて
モケイを作ろう
リンク
カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ