FC2ブログ

武士道


新渡戸稲造/著 須知徳平/訳 講談社インターナショナル

またまたこの「書庫」という書庫、間隔が随分空いてしまいました。…私が何故この本を読んだかというと残念ながら自発的なものではないのですが、一度読んでみたいとは常々思っていた名著。世界的書籍(世界的に読まれ影響を与えた、という点では日本史上最高の本かも知れません)です。

ただ、感想を一言で書けば、「何か違う」。

これも有名ですが、そもそもの執筆のきっかけが(キリスト教のような強烈な宗教規範がない)日本人の規範となるものは何か、という問いを欧米の人々に伝えようとしたことによります(原著はそもそも英語)。はっきり云えば(世界一素晴らしい)キリストの教えが浸透していない、(未開で粗野なはずの)日本人がそれなりにマトモであるのは何故?に対する回答書です。そのため
・日本にもキリスト教にも引けをとらない善悪を教える概念がある、というストーリーが根源にありますが、そもそも(高度に体系化され、明文化された)宗教がないと善悪、正義という概念が生まれないのか?むしろ逆ではないか?つまり善悪、正義などという概念は(守られているかはさておき)原始的な宗教が発生する以前にそういう概念があり、浸透しているからこそそれを体系立てる宗教が受け入れられるのではないか?などと感じます。
・日本史の時系列、特に(武官ではない)武士という社会階層の歴史的発生経緯を考えると論理的にちょっと飛躍を感じる箇所が多いです。武士道とは何ぞや、とはそれこそ定義があるわけではないですが、少なくとも平安中期にはその芯は確立されており、その時点で下地となっているだろうのは日本古来の神道(怨霊信仰、山岳信仰などまで含む)、仏教、儒教など。平安末期から鎌倉期の禅の概念、江戸期の朱子学、国学などの影響は後から受けたと考えるのが妥当と思われるが、その辺りがごっちゃになっているように感じます。
・無理やり過度に「キリスト教にも負けない」ということを前面に出そうとする余り、(少なくとも自分にとっては)より武士道の王道ではない方をもって、本当の武士道はこうだという書き方が多い気がする。「命を軽々しく捨てるのは本当の武士道ではない」のような。明文化されているわけではないので、どっちも武士道の側面でいいではないか、と思うのだが…

もっともこの手の「どっちが正しい」は新渡戸氏に限ったことでなく、イデオロギーの違う他人が評価するといつも起りえること。足利尊氏と楠正成とどちらが正しいかから始まり、西郷隆盛、吉田松陰、桂小五郎、久坂玄瑞、武智半平太、勝海舟、榎本武揚、土方歳三…(キリがないですね)の中で「武士として」誰が一番正しかったか?多くの情報がある後の世の他人から見て正しかった、間違っていたはありますが、このレベルの人たちは間違いなく(個人の欲でなく)自分にとっての武士道として最も正しい道を確信をもって歩んだのではなかろうかとおもいます。

話が逸れました。ただ、歴史的に見て上記の通り(日本に対する知識ゼロで)明らかに日本人を下に見ていた欧米諸国の多くの人々に「日本人」を一目置かせる切欠になった書であることは間違いない歴史的の事実。言い換えれば最初に書いた大目的を果たした日本人にとっての歴史的名著であるのは間違いありません。そのことを踏まえて読むとまた感慨深いものがあります。恐らく新渡戸氏自身も「絶対にこの詩歌の深さは日本語でしか分からないだろうな…」とは百も承知だったとは思うのですが、それでも翻訳して書かざるえなかった、少しでも日本を知ってもらいたい、という熱き思いに心打たれます。

日本のそれと比べて圧倒的に欧米の知識が少ない私が「騎士道」という本を読んでも、多少の論理飛躍は気にならないでしょうから、私が書いたことなど新渡戸氏は指摘されるまでもなく分かられていたかも知れませんが…

★★☆☆:読んで損はない

スポンサーサイト



話のおもしろい人、つまらない人


高嶋秀武 PHP文庫

電車移動などの暇なとき用文庫として大量購入していた中の一冊。タイトルに惹かれ、…惹かれながら内容は凡そ察しはついていてそもそも内容には余り期待していなかった一冊。…ある意味期待通りでしたでしょうか?

そもそも前書きで話のおもしろい人の例として(02年発行なので当時話題だった)田中真樹子元外務大臣を真っ先に(タイトルを除けば本を開いた最初の行…)挙げている時点で雲行きが怪しかったのですが、105円も払ったので最後まで一応読破しました。

自分の力で得たのですらない絶対的な立場に守られた人の、無責任な上に自分の無能を棚に上げた(気付いてすらいない?)単なる毒舌家を「日本で一番おもしろい人」と挙げている時点で、恐らくこのタイトルに惹かれた日本のサラリーマンの大半にはほぼ参考にならないかと…。途中何箇所かそうだよな…と激しく同意できる部分はあるのですが、別に真新しくもなく。

最初に書いた通り、そもそも余り期待していなかったのですが、いい加減この手のお手軽ハウツー本は止めにして、もっと本質的に自分の内面を磨いたり、本質的な見識を深めたりする本を読まないと行けないなぁ~と痛感したのが最大の収穫でしょうか。

★☆☆☆:斜め読みで十分?

逆説の日本史 20 幕末年代史編3 西郷隆盛と薩英戦争の謎


井沢元彦 小学館

本当に久し振りにこの書庫です。本当はその間に19巻も読んでいたのですが、アップするタイミングを逃してしまいました。

さて、このシリーズ、最初の第1巻に感動して以来のかれこれ15年程度発売される度に購入し、愛読し続けている(唯一の)シリーズです。ちなみに最初の数巻は私はリアルタイムでは知らなかったのですが、シリーズ自体は20年以上に渡って日本通史が書かれている超大作。

戦国時代と並んで日本史で人気と思われる幕末史。何だかんだで所謂幕末史だけで早くも3~4巻目。本書ではたった三年しか進みません。私はそれなりに歴史好きの積もりですが、日本史の所謂「事実」のベースは教科書レベル+αであって、(この時代に限らずと言えばその通りのなのですが)実は歴史小説を通じて得た知識が日本史の大半だったりします。歴史小説(や伝記、歴史ドラマ)は面白いのですが、問題はそれが史実なのか、(よく知られたエピソードだけど)そもそも伝説ベースなのか、作者の推測なのか、演出なのか、完全な嘘なのかがよく分からないこと。

また、世の中に「日本史」という本は数多あれど、その大半は教科書よりは詳しいものの、事実(本書の云い方をすれば勝者の大本営発表)の羅列であって、その裏に隠された意味合い、或いは歴史から抹消されただろう真実、当時は書くまでもないほど常識だったがために書かれなかった事実、その性質上書物に残るわけがない真実などがないため、表面的な歴史しか分からず、「何故ここでこの人物はこのような不合理な行動、決断をしたのか?」などが見えないことが多々あります。また、先に「伝説」と書きましたが、その事実自体は完全な嘘だとしても、何故そのような伝説が作られたのか、はあまり深く語られることは少ないと思います。

この方が書かれたことが全て真実ではないかもしれませんが(この巻ではありませんがこれまでにも何箇所か私は納得しかねる説もありました)、本人も自負されている通り間違いなくそんじょそこらの歴史の専門家よりも遥かに詳しく色々研究されており、
説得力が違います。

今回は1863-64という三年間の尊皇論やら公武合体論やら攘夷論やら開国論が薩英戦争などを通してどう変わって行くのか、教科書では淡々と書かれていることの裏ではどういう動きがあったのか、などについて書かれています。私の中では長州は単なる狂信的オカルト尊皇攘夷、会津は絶対佐幕、幾人かの老中は開国佐幕~公武合体、一橋慶喜は頭だけはいい卑怯者、などなどと色分けがされていたのですが、この前後5年位の動きが良く理解できなかったのが薩摩藩。本書を読んで、島津久光、西郷隆盛らの薩摩藩が何故そういう動きをしたのかが分かった気がしました。

あと、文化論で目からウロコだったのは、何故中国でお茶、英国で紅茶の文化が発達したのか…の下り。

歴史好きには有名なシリーズかとも思いますが、まだ読まれたことのない方は是非是非。

★★★★:是非是非!!

テレビの嘘を見破る


新潮新書 今野勉

久々の「書庫」書庫です。引越しにより通勤方法が電車通勤から車通勤に変わったあおりで読書時間が激減しており、定期購読の雑誌で精一杯の状況であります。

さてさて以前に105円で買いだめしていた中から何とか読破しましたので…。

これも例に漏れずタイトルに惹かれて買った組ですね。ただ、内容は正確には「テレビの嘘」でなく「ドキュメンタリー番組の嘘」ですね。(特に民放の)多くのワイドショー的な番組ははそもそも論ずるに値するレベルのシロモノでないので、比較的硬派と思われる報道番組などの嘘…でしょうか?それにしても特に民放はニュース番組ですら、最近は中学生の社会科の自由研究レポートをお金だけかけてノリでやりましたレベルばかりで辟易しますね…。

大きく感じたのは3点
・そんなことまでやってんの?という新発見が結構ある
・色々考えられたんだなぁ~と感じると同時に、そこまで考えた人でも業界の自分たち中心の論理から出れていないという残念感をそこかしこで…
・裏を返せば、報道機関としてのモラルもポリシーも、ジャーナリストのプライドも、他者への思いやりもなく、自省という言葉も知らないディレクターがどれだけ業界では当り前なのかという絶望感…

年々のあらゆるジャンルの番組がワイドショー化、低次元化、内輪の自己満足化、判りやすくいうと劣化が進行しているような…。別の意味で今野氏と同じ結論に至りますが、見る側がよっぽど勉強して情報を自分で分析して考えて行かないと駄目ですね。

ところで、テレビの「嘘」…とは違いますが、昨今英国で盗撮の是非が問題になっているようですが、裏を返せば報道の自由という訳の判らないお題目の元、どれだけ「シロ」の人への盗撮,盗聴が日常的に行われているのでしょう??犯罪被害者の家族の盗撮とか日常茶飯事のようですし、なんなんですかね~。

★★☆☆:読んで損はない

残念な人の思考法


日経プレミアシリーズ 山崎将志

タイトルが印象的です。これだけで勝利ですね。読んだのは年末だったのですがバタバタで紹介が遅くなりました。

話は実業家として成功できる人と出来ない残念な人(1、2章)…という一般の多くの人には無縁のレベルのことにまで広がりますが、たとえばもっと身近な例でもほんのちょっとした意識の違いで結果が全く変わってくる例までが色々挙げられています(3章以降)。もっとも、ほんのちょっとした意識の違い、と書きはしましたが、その意識の違いを生むためには普段からの弛まぬ努力が必要なのかも知れません。

要旨を紙に書き出せば結局同じ事を云っているのに、それをスマートにことをこなせる人と周囲の反発を受ける人との差は何か。書かれていることが全てとは思いませんがさらっと読めばヒントは多いかと。

★★★☆:お勧め!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
北のレールは、元気です。
京阪神急行B支線-バックナンバー
たとえ明日、世界が滅亡しようとも、今日も私は山スカを作る。
青の車体に魅せられて
まったり鉄分補給ブログ
Mighty Oの模型部屋
まなぶんの模型ブログ
模型の花道のブログ
のんびりいきましょう☆彡SAIUN
三軒茶屋のブログ
TOM2001のブログ
未完成症候群
鉄道模型に重量感を求めて
モケイを作ろう
リンク
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ